ケノン コツ

ケノンのコツを大公開!知らないと損しちゃうかも?

 

家庭用脱毛器「ケノン」はたくさんの人に愛用されている人気脱毛器。

 

 

脱毛サロンで脱毛するより断然安く、自宅で好きな時間に好きなだけで脱毛することが出来ます。

 

 

 

しかしいくらサロンより安いと言っても、ケノンはなかなか高価な買い物ですよね。

 

 

 

手に入れたからには最高のパフォーマンスで短期間にツルスベ肌を手に入れたい!

 

 

 

せっかく高い買い物をしたんですから、上手く使えずに宝の持ち腐れになってしまってはもったいないです。

 

 

どうせ使うならケノンのコツをマスターして、一緒にケノンマイスターを目指そうじゃありませんか(笑)

 

 

脱毛サロンの掛け持ちを卒業し、華麗にケノンデビュー!

 

 

気付けばケノン愛用歴3年弱の私が「ケノンを使用して分かったコツ」をあなたに全て紹介したいと思います。

私がやってるケノンのコツ11連発〜基本から応用まで〜

 

ケノンには購入時に取扱説明書が付いていて、安全に使用するには説明書を一読しておくことがとても大切です。

 

読まずに使用してしまうとヤケドや肌荒れ、脱毛効果を感じられないなんてトラブルが起きてしまうことも・・・。

 

 

 

関連記事ケノンの安全性は本物?脱毛無料相談ダイアルに直接質問!

 

 

しかし実際に説明書を読んでいると「正確な数字では表しにくい=個人の感覚で差が出てしまう」ような表現の個所がありますよね。

 

 

大丈夫、私も最初はあたふたしてしまった一人ですよ(笑)

 

 

私が普段どのようにケノンを使用しているかを知ってもらうことで「こんな風に使えば良かったんだぁ〜」と安心してもらえると嬉しいです。

 

 

この記事があなたのケノンを最大限に活用出来るヒントになりますように。

 

 

 

 

ケノンのコツ・基本編

〜まずはケノンの使い方を知ろう〜

 

 

照射前は前日までにムダ毛の毛並みに沿ってカミソリで剃るべし!

 

ケノン早く使ってみたい!

 

せっかくケノンを買ったからには早く使いたい気持ちは分かります、しかしまずは一呼吸。

 

はやる気持ちを抑えて一番先にやってもらいたいのが「照射前のムダ毛のシェービング」です。

 

 

ケノンから照射されるキセノンフラッシュは「黒いもの=メラニン色素」に反応し熱を発生するため、ムダ毛が長いままだと毛根だけでなく肌にまで余計なダメージを与えてしまいます。

 

 

ケノンの説明書にも書かれているのですが、ケノンを照射する前には必ずムダ毛を毛並みに沿って一度カミソリで処理しておきましょう。

 

ちなみにこの「毛並みに沿って剃ること」はとても重要で、毛並みに逆らってカミソリで剃ってしまうと肌を傷つけてしまう原因に!

 

この傷からばい菌が入ってしまうと「毛包炎」など毛穴の炎症につながる恐れもあるので、シェービングの時は注意してくださいね。

 

 

そしてカミソリでムダ毛を剃ることは肌へダメージを与える行為でもあります。

 

 

シェービングは最低でもケノンを使用する前日までに済ませておくことが、安全にケノンを使用するコツですよ。

 

 

シェービング後はしっかりと化粧水やクリームなどで保湿をして肌の健康を守ってくださいね。

 

 

ムダ毛の長さは一ミリ残すのがベスト!

 

これはケノンの公式HPに記載されている「脱毛無料相談」に電話したときに聞いたのですが

 

ケノンを照射する前は

 

ムダ毛が一ミリほど残っているのがベスト」な状態らしいです。

 

 

しかしカミソリでムダ毛を剃って一ミリだけ残すとか、そんな高等テクニックなかなか持っている人はいないでしょう(笑)

 

 

でも大丈夫!

 

 

カミソリでムダ毛の処理をした後に、1〜3日待てばその状態になりますよ。

 

肌の健康を守るためにも前日までにムダ毛のシェービングをするので、照射時には少しムダ毛が生えてる感じになっていると思います。

 

ちなみに私の場合はムダ毛が一日ではあまり生えて来ません。

 

二日ほっておくとちょうどベストな「ムダ毛一ミリ状態」になっているので、シェービング二日目でケノンを使用しています(笑)

 

 

あなた自身のベストな「ムダ毛一ミリ状態」を発見することが、脱毛効果を最大限に発揮するコツですよ。

 

 

いよいよケノンデビュー!照射前後はしっかりと冷やそう

 

ケノンにはレベル1〜レベル10まで照射レベルがあります。

 

説明書にも書かれている通り、照射前後はしっかりと付属の冷却剤で肌を冷やしてくださいね。

 

 

 

正直言うと適当に冷やしても照射レベルが低ければあまり問題ないのですが(レベル1〜3ぐらい)、レベル10まで上げるとちゃんと冷やしていないと結構痛いです。

 

 

そして「しっかり冷やす」と説明書には書いてありますが、これでは個人差があって分かりにくい!

 

 

あくまでも私個人の感覚なのですが「しっかり冷やす」は「冷却剤が冷たくて痛い」と感じるぐらいまで冷やすとレベル10でも全然痛くないです。

 

ケノン購入時に付属品として付いてくる冷却剤は2つあるのですが、二つだけだと途中で溶けてきちゃうことも・・・。

 

自宅で余っている冷却剤(保冷剤)も用意しておくと、効率よく冷やせてとても便利ですよ。

 

 

もしも冷却剤を買い足す場合は「ソフトタイプ」がオススメ!

 

ソフトタイプの冷却剤は凍らせても固まらないので、体に密着させやすく上手に肌を冷やすことが出来ます。

 

ちなみに他の部分を照射している間に次の部分を冷やしておくと、効率よく照射することが出来ますよ。

 

ケノンに慣れて来たらぜひ挑戦してみてくださいね♪

 

 

まずは自分に合った照射レベルを探せ!

 

ケノンは家庭用脱毛器の中でも珍しく、照射レベルをかなり細かく設定することが出来ます。

 

照射レベルは1〜10まであり、10段階のレベル設定が出来る家庭用脱毛器は私が見てきた中ではケノンのみ!

 

 

 

以前家庭用脱毛器について50人の方にアンケートを取った時に「照射レベルの重要性」を回答してくださった方がいました。

 

 

関連記事→【家庭用脱毛器口コミランキング】50人に調査してみました!

 

 

 

まずは自分に合った照射レベルを探すために、しっかりと冷やした後に低めのレベルから照射していきましょうね。

 

ちなみに私のオススメするレベルは3ぐらいから。

 

レベル1でも照射したことがあるのですが、痛いどころか「えっ?なんかちょっと風が吹いたの?」程度だったので、レベル3ぐらいから初めて徐々に上げていくといいと思います。

 

 

いきなり高いレベルで照射するとヤケドや肌荒れの原因になってしまうので、必ず自分に合った照射レベルを探しましょうね。

 

 

 

太いムダ毛にはシングルショット、敏感な個所には連続ショット

 

ケノンには「シングルショット」と「連続ショット」という二つの照射パターンがあります。

 

そして連続ショットは「1ショット」「3ショット」「6ショット」があるのですが、一見すると「一回の照射数が多い=脱毛効果がある」ように感じますよね。

 

 

 

しかしこれは大間違い!

 

 

連続ショット機能は肌への負担を減らすための機能なんですよ。

 

連続ショット機能は日本製だから出来るケノン独自の技術。

 

敏感肌が多い日本人の肌に合わせて、脱毛効果を出来るだけ維持しながら肌への負担は減らすように開発されました。

 

 

私が家庭用脱毛器をまだ検討していた時、日本製の脱毛器はケノンのみ。

 

 

さすが安心の国産製品ですね、日本人のことを第一に考えられた商品です。

 

 

逆にシングルショットはムダ毛が多くて毛深い、しぶとそうな毛根に「バシッ」と一発決める感じですよ。

 

 

正しい連続ショット機能の使い方は、例えば「レベル10で照射したいけど、ちょっと痛いなぁ〜」なんて時に使用します。

 

(痛さを微調整したいときですね)

 

 

シングルショットのレベル10が脱毛効果10とすれば

 

 

3ショット=脱毛効果は9.5

6ショット=脱毛効果は9.0

 

 

こんな風に少しずつ減っていくそうです。

 

 

しかしお肌に優しい連続ショットにはこんなデメリットも・・・。

 

 

連続ショット機能はお肌の状態を最優先に考えた素晴らしい機能なのですが、連続ショットモードにするとその回数分照射出来る残数が減ってしまうんですよ!

 

 

たとえ同じレベルで照射しても「シングルショットなら一回分」しか減らないのに対して「3ショットなら三回分」「6ショットなら六回分」減ってしまいます。

 

 

ですので、連続ショットの無駄打ちだけは控えるようにして

 

 

毛根が深く毛深い個所にはシングルショット(1回)でレベル強!

敏感な個所へは肌への負担が少ない連続ショットで!

 

 

シングルショットと連続ショットを上手に使い分けることが、短期間で安く脱毛するポイントですよ♪

 

 

ケノン照射後はしっかりと保湿をするべし!

 

ケノンの照射後はキセノンフラッシュが毛根に反応し熱を発生させることで脱毛しているので、どうしてもお肌が乾燥しがち。

 

少し面倒くさいのですが、肌トラブルを起こさないためにも照射後はしっかりと保湿してくださいね。

 

 

私の場合は肌に合った安い化粧水をバシャバシャ使ったあと、保湿クリームで蓋をするようにしています。

 

 

化粧水は100円ショップに売っているスプレーボトルに入れ替えると、広い範囲でも簡単にスプレー出来て使いやすいですよ♪

 

 

毛は一週間から十日ほどすれば面白いほどスルスル抜け出す

 

ケノンを照射してすぐは残念ですがムダ毛は抜けません。

 

ケノンは「ムダ毛をすぐに無くす」のではなく「毛根から処理してこれから生えるムダ毛をなくす」ものなので勘違いしないでくださいね。

 

 

 

間違っても「ムダ毛がすぐに抜けないなんてケノンには脱毛効果が無い!」とは思わないでください(笑)

 

私の経験上、ムダ毛は1週間から10日ほどすると面白いほどにスルスル抜け出しますよ。

 

あれ?なかなか抜けないなぁ・・・」なんて心配な方は、試しに一度ムダ毛を指で軽くつまんでみてください。

 

あっけなく「しゅるっ」って感じで抜けてしまいます(笑)

 

ケノンを照射して一週間から10日ほどでムダ毛は自然と抜け落ちていきますよ。

 

安心してケノンを使い続けてくださいね。

 

 

 

 

ケノンのコツ・応用編

〜ケノンでより安く効率的に脱毛する方法〜

 

カードリッジ選びでさらに低コストを実現!

 

ケノンの脱毛用カードリッジは「エクストララージ」「ラージ」「ストロング(ヒゲ用)」の3種類あります。

 

(以前はストロングの代わりにスリムというカードリッジがありました)

 

 

ケノンで安く効率的に脱毛するには「いかに脱毛したい個所に最適なカードリッジを選択するか」ここがとても重要なポイントになりますよ。

 

私の場合は

 

範囲が広い個所や肌のデコボコが少ない個所にはエクストララージ

エクストララージでは大きすぎる個所にはラージ
顔や指など細かく慎重に脱毛したい個所にはストロング

 

このように使い分けています。

 

足やウデなど照射範囲が広い個所は照射面積が2.5p×3.7pと大きいエクストララージがオススメ!

 

広範囲の脱毛時に小さいサイズのカードリッジを使用してしまうと、何度も照射しなければならないのでカードリッジの残数が恐ろしくハイスピードで減ってしまいます。

 

 

鼻下、指などは一番小さいストロングが使いやすいですよ。

 

ちなみにケノンの説明書には「唇にはフラッシュを当てないように」と注意書きがされているんですが、なかなか難しいですよね。

 

私のそんな時「唇を軽くかむor指を当てる」こんな風にして唇への照射をしないようにしていますよ。

 

良かったら試してみてください。

 

カードリッジを上手に使い分けて、かしこく脱毛しましょうね♪

 

 

自動モードと手動モードを使い分けて時間短縮

 

ケノンには照射するときのフラッシュ方法が「手動モード」と「自動モード」の2種類あります。

 

 

手動モード」は、自分のタイミングでハンドピースを照射したい部分にピッタリ付けてから照射ボタンを押します。

 

自動モード」は、ハンドピースの照射面がピッタリと肌につくと自動的に照射が始まりますよ。

 

 

足やウデなど見えやすく照射範囲が広い個所に、自動モードはとても便利!

 

 

テレビを見ながら簡単にパパッと照射することが出来るので、時間短縮に効果大ですよ。

 

しかしモードを自動モードにしていると、肌にピタッと付いた時点で勝手に照射が始まってしまいます。

 

自動モードを使用するときは「脱毛したくない個所への照射」「同じ場所への照射」には注意するようにしてくださいね。

 

ケノンを照射した境目には爪で皮膚に軽く跡を付けたり、包帯を止める白いテープなんかで印をつけると安心ですよ。

 

淡い色の蛍光ペンなんかもいいですね♪

 

*ケノンのフラッシュは黒いものに反応して熱を発するので、ボールペンやマジックなど「黒いもの」では絶対に印をつけないでください!

 

 

そして顔やVIO・指など「慎重に照射したい個所」には必ず手動モードを使いましょう。

 

 

細かい部分を自動モードにしてしまうと、一発で脱毛個所を定められず無駄打ちしてしまったり、慌ててしまって照射漏れを起こすなど失敗の恐れがあります。

 

 

鏡や照射個所をしっかりと見て、自分のタイミングで落ち着いて照射してください。

 

 

ケノンはコンセント式の脱毛器なので使用開始までの充電時間はありません。

 

しかし強力なキセノンフラッシュを照射するためのパワーを貯める充電時間が少し必要なんです。

 

 

 

照射レベルの高さにもよりますが、時間にして「2〜8秒程度」と言ったところ。

 

(レベルが高くなるとその分パワーを貯める時間がかかります)

 

 

この充電時間をお肌の冷却時間にして

 

 

範囲の広い個所は自動モードで手際よく!

細かく慎重に行きたい個所は自分のタイミングで手動モード

 

 

脱毛したい個所に合わせて、上手にモードを使い分けましょうね。

 

 

ハンドピースは照射部分に90度でピッタリ隙間なく!

 

ケノンで脱毛するときは、ハンドピース(ヘッド部分)を脱毛したい個所に正しく当てられているか確認したうえで照射しましょう。

 

当て方のコツは

 

 

肌に対してハンドピースのヘッド部分が90度

ハンドピース(ヘッド部分)を肌に隙間なくピッタリと当てる

 

この二点です。

 

 

上手く照射出来ていないと照射漏れを起こしてしまい、脱毛効果が落ちたり、カードリッジの無駄遣いにつながるのでもったいないですよ。

 

 

早くキレイになりたいのであれば、落ち着いてワンショットワンショットを確実に打つことが近道です。

 

 

脱毛はしっかり計画的に!

 

ケノンでの脱毛は自分の空いた時間に自宅で出来るので、脱毛サロンを利用するより十分短時間で脱毛することが出来ます。

 

しかしどうせケノンを使うなら、さらに短時間で済ませたいと思いませんか?

 

 

ケノンは二週間に一回照射することが出来るのですが、二週間経つのをボケェ〜っと待っているのは少しもったいないです。

 

 

私はより効率的にケノンで脱毛するために、脱毛スケジュールを細かく決めるようにしています。

 

 

スケジュールを決める時のポイントは

 

 

同じ大きさのカードリッジで出来る個所でグループ分けをする

1グループを二週間おきに照射していく

 

 

この二つです。

 

 

私の脱毛スケジュール〜一ヶ月の流れ〜

 

一週目 足・ワキ・ウデをエクストララージ

 

二週目 顔・指・VIO(私はVラインのみ)をストロング

 

三週目 足・ワキ・ウデをエクストララージ

 

四週目 顔・指・VIO(私はVラインのみ)をストロング

 

こんな感じで毎週脱毛していると、あっと言う間にキレイになっていきますよ。

 

ケノンの説明書には「脱毛スケージュール帳」なるものが付いてきますので、毎回ケノンを使う時はちゃんと記入して計画的に脱毛していきましょう。

ケノンのコツをつかんで最大限の脱毛効果を手に入れよう!

 

ケノンは安心の日本製、使用時の表示ディスプレイも全て日本語で表記されるので使い方はとっても簡単です。

 

しかし「ちょっとしたコツ」を知っているか知らないかで、その脱毛効果には大きな差が・・・。

 

 

 

曖昧な使い方をしていると、コストパフォーマンスも悪くなってしまいますよ。

 

@ 照射前は前日までにムダ毛の毛並みに沿ってカミソリで剃るべし!

A ムダ毛の長さは一ミリ残すのがベスト!
B いよいよケノンデビュー!照射前後はしっかりと冷やそう
C まずは自分に合った照射レベルを探せ!
D 太いムダ毛にはシングルショット、敏感な個所には連続ショット
E ケノン照射後はしっかりと保湿をするべし!
F 毛は一週間から十日ほどすれば面白いほどスルスル抜け出す
G カードリッジ選びでさらに低コストを実現!
H 自動モードと手動モードを使い分けて時間短縮
I ハンドピースは照射部分に90度でピッタリ隙間なく!
J 脱毛はしっかり計画的に♪

 

せっかくケノンを手に入れたのならばケノンのコツをしっかりとつかんで、最大限の脱毛効果を手に入れましょうね♪